導入実績 数字集めで満足せず、売上を伸ばすための次のアクションを導き出すデータ活用を高コスパで実現できる

数字集めで満足せず、売上を伸ばすための次のアクションを導き出すデータ活用を高コスパで実現できる

導入前の課題

    選んだ理由

      導入後の成果・効果

        株式会社TRiCERAは、世界 126 カ国以上の絵画・写真・彫刻などのアート作品をオンラインで購入でき、全世界に配送するサービス『TRiCERA ART』を開発・運営している。「創造力に国境なんてない」というビジョンの元、7か国の言語に対応したグローバルなサービスを標準化。
        2022
        2Sales Rush Boardを導入。

        スピーカー

        株式会社TRiCERA CEO 井口泰氏

        導入前の課題
        • 経営管理上必要な数字を整備し、管理するのに時間がかかっていた
        • ボトルネックや異常値、特異点を見いだすのに時間がかかっていた
        • 他ツールも含めて検討していたが、データの統合・加工で苦戦していた
        選んだ理由
        • コストパフォーマンスが高い
        • シンプルな機能で直感的に使うことができる
        • 負荷がかかるメンテナンスを任せられて、しっかり伴走してくれる
        導入後の成果・効果
        • セクションごとにダッシュボードを簡単に構築できる
        • 様々な軸で可視化し、新たな発見につながる分析が可能になった
        • データ抽出統合加工まで全てお任せできる

         

        データに関する無料相談はコチラ

         

        代表の井口氏は、世界有数のテクノロジー企業シーメンス、スポーツメーカーのNike(ナイキ)といった製造業で、生産計画や販売データを始めとする様々なデータを扱い、データアナリストのように統計解析も行っていた。その原体験から、データの整理、基盤を整え運用していくことがどれだけ大変でしんどいか、身をもって知っているのだ。

         

         

        データを活用したKPIを設定し、NEXT ACTIONを導き出すことが重要

        編集_IMG_4265

        数字を集めたことに満足し、レポート機能を使って「やった気」になっていないだろうか。大切なのは、データから改善点を読み解き、KPIを設定して最適な次の打ち手を考えること。
        「スタートアップは3カ月に1回くらいの頻度でKPIを更新する。本気で仕事していたらそうなるし、それが更新できていないところはまずいと思う。」
        データを集めること自体に価値はない。モニタリングをきちんとして打ち手に繋げることに価値があり、それが施策や打ち手の精度を高めることになる。

        経営資源は「ヒト・モノ・カネ」と言われるが、そこに「時間」も加わる、と井口氏は言う。
        モノやカネは増やせるが、時間は増やせない。全ての人にとって時間だけはフェア。だからこそ、無駄な時間を減らして効率性、生産性(Productivity)を上げることが、我々にとって一番重要なのです。更に、今後は収益性も重視していきます。やみくもにユーザー数を増やして人件費ばかりかかると、ユニットエコノミクスが成立しなくなり、時価総額もつかないですから。」
        *ユニットエコノミクス:主にSaaSをはじめとするサブスクリプション型ビジネスモデルを採用している企業で使用される、事業の健全性を示す指標の1つ。1ユニットあたりの経済性・採算性(Economics)を表す。

         Sales Rush Boardを導入したことで、データの整理やサーバーのアップデートからダッシュボードの中でのBIツールの保全、メンテナンスをする必要がなくなった。自分たちでやろうと思ったら物凄く大変な作業を信頼できるSrushに任せられて、時間をより生産性の高いことに使うことが出来るようになったそうだ。

         

         

        リテラシーの高い人たちが並走してくれることが最大のバリュー

        編集_IMG_4256

        ダッシュボードをご自身で構築したことがある井口氏が求めるレベルは高い。
        Srushで働いている人たちは、基礎的なデータとかKPIとかのリテラシーが高い。WHATに対してHOWを提案することは、知見によるところが大きいと思う。一番効率的にやれる方法や、表現したいダッシュボードの作りなど、そういう痒い所に手が届くサポートをしてくれる。我々が気が付かない部分の提案やアドバイスをしてくれて、並走してくれるのは大きなバリューです。」


        レベルの高いデータアナリストやコンサルタントを雇うとかなりコストがかかってしまうが、Sales Rush BoardSaaSの月額でかなりリーズナブルだ。機能が多すぎでも使いにくいため、直感的に使えるシンプルなダッシュボードも評価をいただいている。


        ===============================

        会社名:株式会社TRiCERA

        代表者:CEO 井口 泰

        事業内容:現代アートのグローバルマーケットプレイス開発・運営

        本社:東京都港区西麻布4-2-4 The Wall 3F
        URL
        https://www.tricera.co.jp/

        ===============================

        SHARE

        データ分析の悩みを、
        まずは無料で相談してみませんか?