売上高200%増を実現、マーケティングドリブンな事業展開を推進、更なるデータ活用

  • ホーム
  • 事例
  • 売上高200%増を実現、マーケティングドリブンな事業展開を推進、更なるデータ活用

売上高200%増を実現、マーケティングドリブンな事業展開を推進、更なるデータ活用

カレント自動車株式会社は、国内最大級の輸入車買取サービス「外車王」をはじめ、旧車の買取サービスである「旧車王」を展開。また、販売やパーツ調達、EV事業など情報×自動車の「カーテック」という分野で「自動車再生メーカー」を掲げ急成長を遂げている。各事業を横断的に支えているのが、高いレベルで収集・活用されているデータだ。さらなる成長のために必要なオンリーワンのパートナーとしてSales Rush Boardを導入。さまざまなデータを可視化し、スプレッドシートでの作業を減らすことで、個人だけでなく組織全体でPDCAサイクルの高速化を実現。Sales Rush Boardの他社にはない見える化した数値による「課題の提供」やツールの枠を超えた「柔軟な対応」は、前年比から約2倍増となる売上高57億円を達成する一因になった。

スピーカー
カレント自動車株式会社 取締役 林靖浩氏

導入前の課題
  • 膨大な量のデータの効率的な集約が急務だった
  • 複数のプロダクトの現状把握が必要だった
  • 急拡大するプロダクトの問題・課題の発見力強化
選んだ理由
  • マーケティングドリブンに則した機能
  • 事業理解が非常に深く「並走」してくれるパートナーだと感じたこと
  • レスポンスの早さと柔軟な対応
導入後の成果・効果
  • アクセス分析の効率化
  • 組織の見える化とデータ活用の意識の向上
  • 前年比売上高200%増への貢献

拡大する事業と組織に適したツールとパートナーが必要だった

代表取締役社長  江頭 大介

2014年、同社は業界に先駆けてIT事業部を設立。カーテック企業としての大きな一歩を踏み出した。林氏は立ち上げから中心メンバーとして活躍している。当初は数人規模だった同部署を約20人まで拡大し、同社が運営するWebメディアなどの多様なプロダクトの推進に欠かせない存在となっている。ただ、拡大する事業と人員のなかで課題となっていたのが「情報の共有」と「パートナー」の存在だったという。

「Sales Rush Boardを導入する以前からSalesforceなどのシステムを導入し、データドリブンな施策を行ってきました。ただ、カーテック企業として成長するうちに収集するデータがとんでもない量になり、情報を共有しなければならない人も増えたためにあらゆる面で改善を図る必要性が出てきました。そのためには優れたBIツールはもちろん、『本当にウチと並走してくれるパートナー』が必要だったのです」

Sales Rush Boardを知ったきっかけは、Srushの最高技術責任者の山崎康久と以前一緒に仕事をした縁であり「この人なら間違いない」と思ったことだという。Sales Rush Boardの導入にあたり、取り扱いが難しい自動車のアフターマーケットに適した機能などを調整しながら搭載。約1年間で同社が運営する多様なメディアのアクセス分析の一元化や営業のアポ率の収集など、部署を横断したデータをより効率的かつ分かりやすく把握できる体制を構築した。

「Sales Rush BoardはIT事業部の全メンバーや販売部など、20アカウント以上を共有しています。さらにSlackの通知機能も搭載してるため、それぞれの担当者が自身のアポ率などを簡単に調べられるため営業促進などにもつながっています。私が目指す『マーケティングドリブン』な事業展開には、データ収集はもちろん、個々の担当者の意識づけも欠かせません。その足掛かりとなる体制はSales Rush Boardのおかげで出来つつあると感じています」

Srushはまるでコンシェルジュのような本物のパートナー

代表取締役社長  江頭 大介

林氏によるとSales Rush Boardの機能はもちろん、それ以上にオンリーワンのパートナーとして大きな価値を感じているという。

「まず、私たちの事業に対する理解が非常に深い点に感心しました。これまで多くのツールを利用してきましたが、正直、フレキシブルかつスピーディーに対応してもらった例はあまりありません。Srushの担当者のおかげで課題を明らかにできて仮説を立てて実行し、改善が図れた例もあります。弊社にとっては、データ活用のコンシェルジュのような役割も担ってもらっています」

事業全体のデータを収集するためにダッシュボードの改修や連携の最適化を行ったほか、システム導入時の徹底した運用レクチャー、他のツールを含めた運用フローの改善なども密着して行っている。今後はさらにSales Rush Boardを核にした業務の自動化を図っていく予定だ。

「データ活用のフェーズは企業によってさまざまだと思いますが、運用し続けないと意味がありません。Sales Rush Boardの対応力は非常に魅力的なので本格的な運用を目指すのであれば、しっかりとサポートを受けられるプランがおすすめだと思います」

2000年、六畳一間からスタートした業界のフロンティア企業はデータとBIツールの可能性も切り開いていく。

================================

会社名:カレント自動車株式会社

代表者:代表取締役社長  江頭 大介

事業内容:自動車販売事業(卸し・小売)、自動車買取事業、修理・整備事業、パーツ供給事業、IT事業、EV事業、整備ネットワーク事業、損害保険代理店

本社:神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-11 金子第1ビル2F

================================

 

旧車・クラシックカーを高く売るなら

旧車王 自動車文化遺産を次世代へ

 

外車売るなら外車王

外車売るなら外車王

圧倒的な分析業務効率化・売上向上を目指したい方はこちら

お問い合わせ

データ分析をもっと簡単に思い通りに

無料 3分でわかる
Sales Rush Board