データ分析ブログ データ分析事象とは?統計学の視点からわかりやすく解説

事象とは?統計学の視点からわかりやすく解説

統計学において、"事象"という言葉はどのような意味を持ち、どういった種類が存在するのでしょうか?この記事では、"事象"の基本概念から始め、単純事象と複合事象、さらには排反事象と非排反事象の違いについて解説します。確率の計算方法、条件付き確率、そして確率の乗法定理と加法定理についても詳しく説明し、統計学における事象の応用例や統計解析での事象の活用方法までを網羅的に紹介します。

目次

Topics: データ分析

事象とは何か

統計学における「事象」とは、実験や観測によって得られる結果全体を指します。例えば、サイコロを投げた結果やコインの表裏などが具体的な事象の例です。これらの事象は、確率や統計の分析の基礎を形成する重要な概念です。

さらに深堀りすると、事象が持つ意味は大きく二つの観点から捉えることができます。「可能性」および「不確実性」です。特定の事象が起こる可能性やその際の不確実性を定量的に表すことにより、より複雑な現象も理解しやすくなります。

事象の種類

単純事象とは

単純事象は、発生する結果が一つだけの事象を指します。例えば、サイコロを振って「1」が出る事象は単純事象です。この事象は、サイコロの各面が等しく出る確率を基にした基本的な確率計算の出発点となり、確率は1/6です。

複合事象とは

複合事象は、二つ以上の異なる結果を含む事象を指します。例として、サイコロを振って「偶数」が出る事象は、2、4、6の3つの結果を含む複合事象で、確率は1/2です。複合事象は、事象の結果が多様であるため、結果を集合として扱い、確率を計算します。

排反事象と非排反事象

事象の種類

定義

確率の計算例

排反事象

二つの事象が同時には起こり得ない関係にある事象

サイコロを振って「1」または「2」が出る事象

1/6 + 1/6 = 1/3

非排反事象

二つの事象が同時に起こり得る関係にある事象

サイコロを振って「偶数」または「4以下の数字」が出る事象

1/2 + 2/3 - 1/3 = 5/6

排反事象は同時に起こりえない事象の組み合わせであるため、それぞれの事象の確率を単純に足し合わせて全体の確率を求めることができます。一方で非排反事象は重複する可能性があるため、重複する部分を差し引いて確率を計算します。

事象の確率

事象の確率を計算する基本

事象の確率とは、特定の事象が起こる可能性を数値化したもので、全ての可能性の中でその事象が起こる割合で表されます。最も基礎的な公式は、ある事象Aが起こる確率P(A)は以下で求められます。

P(A) = 事象Aが起こる数 / 全ての可能な結果の数

例えば、サイコロを一回振って「1」が出る確率を計算する場合、「1」が出る事象は1回(事象Aが起こる数)であり、サイコロの全面が6個(全ての可能な結果の数)なので、P(A) = 1/6となります。

条件付き確率とは

条件付き確率は、他の事象Bが起こった場合に限り、事象Aが起こる確率を指します。この確率の計算には以下の公式が用いられます。

P(A|B) = P(A かつ B) / P(B)

ここで、「かつ」の部分は事象AとBが同時に起こることを意味します。例えば、52枚のカードからカードを1枚引き、そのカードが赤色である場合にピクチャーカード(J、Q、K)である確率を計算する場合、赤色のピクチャーカードは合計6枚、赤色のカードは合計26枚なので、P(A|B) = 6/26 = 3/13となります。

確率の乗法定理と加法定理

乗法定理

2つの事象AとBが独立している場合には、事象AとBが同時に起こる確率は、それぞれの確率の積で計算することができます。

P(A かつ B) = P(A) × P(B)

例として、ある袋の中に白い玉と黒い玉がそれぞれ2つずつ入っている場合に、ひとつずつ玉を取り出して2回連続で白い玉を取り出す確率を計算するには、最初に白い玉を取り出す確率が1/2、次に再び白を取り出す確率が1/3なので、P(AかつB) = 1/2 × 1/3 = 1/6となります。

加法定理

排反の2つの事象AとBが起こる確率は、それぞれの確率の和で表されます。

P(A または B) = P(A) + P(B)

例えば、サイコロを振って「1」か「2」が出る確率は、それぞれの事象が排反であるため、1/6 + 1/6 = 1/3 となります。

非排反事象の場合、事象AとBが重なる部分を考慮して以下のように計算されます。

P(A または B) = P(A) + P(B) - P(A かつ B)

例として、赤い玉と青い玉が一つずつ入った袋から、赤い玉を引く事象A、玉を引く事象Bとした時、両方起こる事象(AかつB)は存在しないため、この式を適用することはできません。

項目

説明/公式

単純事象の確率

P(A) = 事象Aの起こる数 / 全ての可能な結果の数

条件付き確率

P(A|B) = P(AかつB) / P(B)

乗法定理

独立事象: P(A かつ B) = P(A) × P(B)

加法定理

排反事象: P(A または B) = P(A) + P(B)

非排反事象

P(A または B) = P(A) + P(B) - P(A かつ B)

統計学における事象の応用

事象と確率分布

統計学では、事象の発生確率を深く理解するために確率分布の知識が不可欠です。確率分布は、特定の事象が生じる確率がどのように分布しているかを示し、事象を分類し予測する上で重要な役割を担います。

確率分布の種類

特徴

離散確率分布

取り得る値が離散的(カウント可能)である特性を持つ。

二項分布、ポアソン分布

連続確率分布

取り得る値が連続的(無限の値を取り得る)。

正規分布、t分布

確率分布の適用例

例えば、製造業での品質管理に二項分布を使用して、特定の製品ロットから無作為に選ばれたサンプル中の不良品の数を予測することができます。また、正規分布は生物学的測定値やテストスコアなど、自然界や人間の行動における多くの現象の分布をモデル化するのに適しています。

統計的独立とは

統計的独立とは、二つ以上の事象がお互いに影響を与えない状態を指します。この概念は、事象Aと事象Bが互いに影響を与えずに発生する場合、その確率は事象Aの確率と事象Bの確率の積で求めることができます。

例を挙げると、コイン投げの結果は互いに独立しており、一回目の投げが表である場合と裏である場合で二回目の結果に影響を与えることはありません。

ベイズの定理の理解

ベイズの定理は条件付き確率を扱うのに非常に有効なツールで、既知の情報を基にして未知の事象の確率を推計します。

この理論の美しさは、新しい証拠や情報が得られたときに、事象の発生確率を更新できる点にあります。例えば、病気の診断において、特定のテスト結果が得られたとき、その人が病気である確率を計算することができます。

ベイズの定理を式で表すと以下のようになります。

P(A|B) = [P(B|A) * P(A)] / P(B)

ここで、P(A|B)は事象Bが起きた後に事象Aが起きる条件付き確率、P(B|A)は事象Aが起きた後に事象Bが起きる条件付き確率、P(A)は事象Aの無条件の確率、P(B)は事象Bの無条件の確率を示しています。

事象と統計解析

データ分析での事象の活用

データ分析における事象の理解と適用は、予測精度の向上や新しい知見の発見に不可欠です。事象を通してデータセットの行動や特性を認識し、これを分析プロセスに組み込むことで、データからより豊かな情報を引き出すことが可能になります。

  • 事象の識別:データセットから特定の行動やパターンを示す事象を明確に特定します。
  • 事象の分類:特定された事象を、その特性や成因に基づき、適切なカテゴリへ分類します。
  • 活用方法:分類された事象を分析に活かし、より精度の高い結果を導出し、予測モデルの構築にも利用します。

統計モデリングと事象

統計モデリングはデータの背後にある構造を解明し、将来の予測を行うための強力な手段です。ここでは、統計モデルにおける事象の役割と具体的な適用例について詳しく見ていきます。

事象の役割

事象はモデルの予測変数として機能し、モデルの精度向上や新たな予測モデルの開発に貢献します。正確な事象の識別と適切なモデリングにより、より信頼性の高い統計分析が可能となります。

応用例

モデル種類

事象の活用

応用分野

回帰分析

事象の影響を数値化して解析

経済学、社会学

分類モデル

事象に基づきデータを分類

マーケティング分析、疾病診断

時系列分析

事象発生前後のデータ変化を評価

株式市場分析、気象予報

クラスタリング

類似の特徴を持つ事象のグループ化

消費者行動分析、遺伝子クラスタリング

まとめ

この記事では、「事象」とは何か、そしてその種類や確率計算の基本から統計学における応用まで、統計学の視点からわかりやすく解説しました。単純事象、複合事象、排反事象と非排反事象といった基本的な概念から、条件付き確率、確率の乗法定理・加法定理、そしてベイズの定理まで、事象を取り巻く重要な概念を学びました。また、統計解析やデータ分析での事象の活用方法についても触れ、統計学がどのように現実世界の問題解決に役立てられるかを理解しました。統計学はその複雑さゆえに難解に感じられることもありますが、事象を基点としてその理論を学ぶことで、より深い理解が可能になります。

 

Contributor By: 渡邉 実基

Srush株式会社のマーケティング担当者。 豊富な営業経験を経て、顧客の認知から購入に至るプロセスにおける要素分析の難しさに直面し、その解決策としてSrushとの出会いを果たす。 データ分析の力を駆使して、日本の全企業がより効果的な意思決定を行い、競争力を高めるためのパートナーでありたいと思っています。趣味はカフェ巡り

SHARE