BIツールとは?初心者向けにメリットや利用シーン、選び方を解説

2024/03/19 16:33:22 | BIツール BIツールとは?初心者向けにメリットや利用シーン、選び方を解説

初心者でも理解できるよう、BIツールの基本から、選び方、活用法までを網羅。データ分析を強化し、経営判断をスピードアップさせるためのキーとなる情報を解説します。

Topics: BIツール

BIツールの定義とは

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールは、企業のデータを収集、分析し、ビジネス上の意思決定を支援するためのソフトウェアアプリケーションの総称です。これらのツールは大量のデータを効率的に処理し、データから有益な情報を抽出、視覚化する機能を提供します。企業は視覚化された情報を利用して競争優位性を高め、効率的な運営戦略を立てることができます。BIツールの活用により、従来は時間とコストがかかっていたデータ分析作業が大幅に簡略化され、より迅速かつ正確なビジネス判断が可能になります。

BIツールの主な種類

BIツールは、企業がデータを集約し、分析するために使用するソフトウェアの総称です。主にデータベースから情報を引き出し、ビジネス上の意思決定を支援するレポートやダッシュボードを生成します。しかし、BIツールは機能や用途によってさまざまな種類に分けられます。ここではBIツールの主要な3つのカテゴリーを紹介します。

セルフサービスBIツール

セルフサービスBIツールは、非技術的なユーザーでも簡単にデータ分析やレポート作成ができるように設計されています。ドラッグ&ドロップのインターフェースや直感的な操作が可能な設計が特徴で、短時間でデータの分析や視覚化を行うことができます。TableauやPower BIなどがこのカテゴリーに含まれます。

統合BIシステム

統合BIシステムは、データの収集から分析、レポーティングまでのプロセスを一括して提供するソリューションです。大規模なデータウェアハウスの構築から日々の運用監視まで、企業のデータ管理に関する幅広い機能をカバーします。SAP BusinessObjectsやOracle BIなどがこの種類に該当します。

埋め込み型BIツール

埋め込み型BIツールは、既存のアプリケーションやシステムに統合して利用することができます。これにより、ソフトウェア内で直接、データの分析やレポートの生成が可能となります。このタイプのツールは、特にカスタムされたソリューションを提供する際に有効で、LookerやQlik Senseなどが該当します。

カテゴリー

特徴

セルフサービスBIツール

非技術者でも容易に使用でき、迅速なデータ分析・視覚化が可能

Tableau、Power BI

統合BIシステム

データ管理の全域をカバーし、大規模なデータウェアハウス構築に最適

SAP BusinessObjects、Oracle BI

データ統一クラウドSrush

埋め込み型BIツール

既存システムに統合しやすく、アプリケーション内で直接分析・レポート可能

Looker、Qlik Sense、AmazonQuick

BIツールの主な機能

BIツールが提供する主な機能について詳細を説明します。

データ集約

BIツールは、様々なデータソースから情報を収集し、一元化する機能を提供します。組織内の多岐にわたるデータを一箇所で管理し、分析のための準備を整えます。

データ分析

蓄積されたデータに対して高度な分析を行う機能です。データマイニング、予測分析、統計分析など、複雑なデータセットを解析し、企業の意思決定をサポートします。

データ可視化

分析したデータをグラフ、チャート、ダッシュボードなどの形で視覚化する機能を提供します。この機能により、データの傾向やパターンを直感的に理解しやすくなります。

レポート作成

定期的なビジネスレポートやカスタムレポートを生成する機能です。これにより、関係者が必要な情報を適切な形式で入手できるようになります。

ダッシュボード

重要なビジネス指標(KPI)を一つの画面に表示し、リアルタイムでのパフォーマンス監視を可能にします。ダッシュボードは、企業環境の迅速な把握に役立ちます。

コラボレーション

チーム間でのデータ共有やコミュニケーションを促進する機能を備えています。これにより、意思決定のプロセスがスピードアップし、組織全体の協働が強化されます。

モバイルアクセス

スマートフォンやタブレットからもデータにアクセスできる機能を提供します。これにより、場所を選ばずにビジネスインサイトを得ることが可能になります。

上記の機能に加え、多くのBIツールはカスタマイズ性やスケーラビリティも重視しています。これにより、企業が成長するにつれ、ツールがその需要に適応し続けることができます。

BIツールのメリット

企業が競争優位性を確立し、市場での地位を向上させるためには、データ駆動型の意思決定が不可欠です。ここでは、BIツールがもたらす主要なメリットについて掘り下げていきます。

迅速な意思決定を支援

BIツールは、膨大なデータから意味のある情報を迅速に抽出し、分析結果を分かりやすいダッシュボードやレポートで提供します。結果、意思決定者はより速やかに、かつ情報に基づいた決定を行うことができます。これにより、ビジネスチャンスを逃すことなく、市場動向や消費者ニーズの変化に迅速に対応することが可能になります。

データの一貫性と品質向上

企業内のデータは複数のソースから生成されますが、BIツールを導入することで、これらのデータを統合し一元管理することが可能になります。これにより、データ間の矛盾が減少し、全社的にデータの一貫性が保たれます。さらに、データクレンジング機能により、データの品質も向上します。

予測分析とトレンド分析

現在のデータをもとに将来を予測する予測分析や、市場のトレンドを分析する機能を持つBIツールは、企業が前もって戦略を立てるのに大きな助けとなります。特に、新製品の投入時期や市場の需要予測において、これらの分析結果は極めて価値が高いです。

ROI(投資収益率)の向上

BIツールの導入には初期投資が必要ですが、正しく活用することで、その投資に見合う、あるいはそれ以上の価値を企業にもたらします。データに基づく正確な意思決定は、効率的なリソースの配分、コスト削減、収益増加を実現し、結果としてROIを向上させます。

BIツールの主な利用シーン

BIツールはさまざまな業種や部門で使用されており、特に以下のようなシーンでその真価を発揮します。

販売データの分析

BIツールを使用して販売データを分析することで、売上トレンドの特定、顧客行動の理解、販売戦略の改善などが可能になります。これにより、効果的な販売戦略を立て、収益の最大化を図ることができます。

顧客データの管理

顧客情報は企業にとって貴重な資産です。BIツールを活用することで、顧客データを一元管理し、顧客の購買履歴や嗜好を分析することができます。その結果、顧客満足度を高めることができるだけではなく、個々の顧客に最適な商品やサービスを提供できるようになります。

在庫管理の最適化

在庫管理は多くの企業にとって重要な課題です。BIツールを用いることで、在庫レベルの最適化、過剰在庫の削減、発注プロセスの効率化などを実現できます。これにより、コスト削減と供給効率の向上が可能になります。

市場動向の把握

企業が生き残り、成長するためには市場動向を正確に把握することが必須です。BIツールを使用することで、市場のトレンド、競合の動向、顧客ニーズの変化など、重要なインサイトを得ることができます。これらの情報を基に、戦略的なビジネスプランを策定することが可能になります。

社内報告の効率化

報告書の作成は時間がかかる作業ですが、BIツールを利用することで報告プロセスを大幅に効率化できます。自動化されたダッシュボードを通じて、リアルタイムでデータを把握し、迅速かつ的確な報告が可能になります。これにより、経営層はより迅速に意思決定を行うことができます。

初心者がBIツールを選ぶ際のポイント

自社のビジネスニーズを理解する

BIツールを選ぶ上で最も重要なのは、自社のビジネス上の課題を正確に理解することです。データ分析の目的は何か、どのような問題を解決したいのか、どんなデータを扱う予定なのか、これらの整理をすることで最適なBIツールを選ぶための基準が明確になります。

利用予定のデータソースを確認

利用する予定のデータソースと、BIツールが対応しているデータソースを確認することも重要です。すべてのBIツールが全てのデータソースと互換性があるわけではないため、事前に検討しておく必要があります。

利用しやすさを評価

BIツールを選ぶ際には、その使いやすさも重要なポイントです。特に初心者や非技術者が多いチームであれば、直感的に操作できるインターフェースのツールを選ぶことが望ましいです。実際にデモ版を試用してみるなどして、チーム内での使いやすさを確認しましょう。

コストパフォーマンスを考慮

BIツールの価格帯は幅広く、機能や提供するサービスによって大きく異なります。予算内で最大限の価値を提供するツールを選ぶためには、初期導入コストだけでなく、ランニングコストも総合的に検討することが重要です。

サポート体制を確認

万が一のトラブル時に迅速に対応してもらえるかどうか、サポート体制もBIツール選びの大切なポイントです。特に初心者の場合、わからないことが多く発生するため、充実したユーザーサポートやトレーニングプログラムがある国産ツールを選ぶと良いでしょう。

セキュリティ機能をチェック

企業のデータは非常に重要な資産です。BIツールを選ぶ際には、データの取り扱いに関するセキュリティ機能が適切に備わっているかを必ず確認してください。データの暗号化、アクセス権限の管理機能などが充実していることが望ましいです。

人気のBIツール例

現在、多種多様なBIツールが市場に出回っており、その機能や特性も様々です。ここでは、独自のリサーチおよびユーザーレビューに基づき、特に人気のあるBIツールの例を紹介します。

ツール名

開発会社

主な特徴

データ統一クラウドSrush

Srush

データ分析に必要な工程を全て含んだオールインワンツール
ノーコードツールで、だれでも・かんたんにデータ分析に取り組める。

Tableau

Tableau Software

直感的なドラッグ&ドロップインターフェースで、複雑なデータも簡単に可視化。豊富なカスタマイズオプションを提供。

Power BI

Microsoft

統合型エクセルアドイン機能や、Azureとの高い互換性。非常にリーズナブルな価格設定も魅力的。

Qlik Sense

Qlik

自動データインデックス機能による高速なデータ検索。複数のデータソースからの統合データ分析が可能。

SAP BusinessObjects

SAP

包括的なビジネスインテリジェンス機能を備える。大規模な企業向けに最適化された強力なレポーティングツール。

上述したツールは、それぞれ特色ある機能を持ち、ビジネスのあらゆる側面で価値を提供することができます。選択する際には、自社のニーズや予算、既に使用している他のシステムとの互換性などを総合的に考慮することが重要です。

自社にはどんなBIツールが合うのか、Srushに相談してみましょう。

渡邉 実基

Contributor By: 渡邉 実基

Srush株式会社のマーケティング担当者。 豊富な営業経験を経て、顧客の認知から購入に至るプロセスにおける要素分析の難しさに直面し、その解決策としてSrushとの出会いを果たす。 データ分析の力を駆使して、日本の全企業がより効果的な意思決定を行い、競争力を高めるためのパートナーでありたいと思っています。趣味はカフェ巡り