データ分析ブログ データ分析ダッシュボードとは?主な機能や役割、おすすめの作成ツールについて解説

ダッシュボードとは?主な機能や役割、おすすめの作成ツールについて解説

「ダッシュボードとは何か?」今回の記事では、データを効率良く管理・活用できるダッシュボードの基本概念から、その機能、役割、作成方法に至るまでを詳しく解説します。ダッシュボードとレポートの違いを明確にし、実際にビジネスシーンでダッシュボードを活用する際のメリットや注意点もお伝えします。

目次

Topics: データ分析

データ活用におけるダッシュボードとは

データ活用に欠かせないツールとして、ダッシュボードは企業の意思決定プロセスを強化します。これはリアルタイムでのデータ分析を可能にし、複雑な情報を簡潔かつ理解しやすい形で表示することにより、意思決定を迅速かつ正確にサポートします。

ダッシュボードの定義

ダッシュボードは、複数のデータソースから収集される情報を統合し、ビジュアルに豊かなインターフェースを通じてユーザーに提示するツールです。通常、グラフやチャート、数値の集約などを用いてデータを視覚的に表現します。

ダッシュボードの必要性

データを基にした意思決定が日常となる現代において、ダッシュボードは情報を迅速かつ的確に把握するために重要です。トレンドやパフォーマンスのリアルタイム把握が可能となり、状況に応じた素早い対応が可能です。

ダッシュボードとレポートの違い

ダッシュボードとレポートは、ビジネス情報の可視化に利用されるツールですが、役割と用途に違いがあります。

機能

ダッシュボード

レポート

更新頻度

リアルタイムまたは頻繁

定期的(日次、週次、月次等)

主な目的

状況把握と迅速な意思決定

詳細分析と成果報告

視覚表現

グラフやチャートで直感的

テーブルやテキストが中心

インタラクティブ性

高い(データのドリルダウンなど)

低い(主に静的情報)

ユーザー

経営者や部門責任者

アナリストや専門家

更新頻度の違い

ダッシュボードは非常に頻繁に更新され、常に最新のデータを反映しますが、レポートは一定のサイクルで更新されるため、その差が重要です。例えば、経営者が市場の変動に迅速に反応するためには、ダッシュボードが適しています。

主な使用目的

  • ダッシュボード: 即時の業務調整、パフォーマンスモニタリング
  • レポート: 分かりやすい成果の提示、戦略計画の策定

視覚表現の差異

ダッシュボードはインタラクティブな視覚化ツールを用いて急速な情報処理を可能にします。例えば、売上データの急な変動を即座に把握するためには、カラフルなグラフや即座に更新されるチャートが有効です。

対象ユーザーや利用シーンの詳細

  • ダッシュボード: 緊急の意思決定を必要とする経営層や、日々のオペレーションを管理する部門責任者向け
  • レポート: 長期的な戦略策定や分析が求められる場面で、専門知識を持ち合わせたアナリストや研究者が利用する場合が多い

インタラクティブ性と操作性の具体的な違い

ダッシュボードはユーザーがデータを深堀りするためのドリルダウン機能や、データに対するクエリ機能を備えていることが多いです。これにより、具体的なデータポイントに対する迅速なアクセスが可能となります。対照的に、レポートは主に結果を示すためのものであり、多くの場合、データの相互作用が限られています。

ダッシュボードの主な機能

リアルタイムデータの表示

ダッシュボードでは、売上データやウェブトラフィックなど、リアルタイムで更新されるデータを一覧表示できます。これにより、ビジネスの現状を即座に把握し、迅速な意思決定が可能となります。例えば、小売業界では日々の売上動向を車輪の回転のように刻々と確認し、必要に応じてプロモーションを調整します。

カスタマイズ可能なビジュアル

ユーザーは、グラフ、チャート、マップなど様々なビジュアルを用いて、表示データをカスタマイズすることができます。これにより、重要な情報を直感的かつ魅力的に表示し、理解を深めることが可能です。具体的には、年間売上のトレンドを折れ線グラフで表示することで、季節ごとの変動を直感的に理解することができます。

インタラクティブな要素

フィルターやドリルダウン機能を使って、特定のデータに焦点を当てたり、詳細情報にアクセスしたりすることができます。これにより、データの探索と分析が容易になります。例えば、特定の商品カテゴリにおける売上データにフィルタをかけ、そのカテゴリのパフォーマンスを詳細に分析できます。

アラート機能

設定した基準値を超えた場合に通知を受けることができるアラート機能も、ダッシュボードの重要な機能の一つです。リスクの早期発見や、チャンスを逃さずに捉えるために役立ちます。たとえば、在庫が特定の低下水準に到達した場合、直ちに補充アクションを促す通知を受け取れます。

レポートの自動生成

定期的に必要なレポートを自動的に生成し、それをステークホルダーに配信する機能も備えられています。作業の手間なく、常に最新の情報を共有することができます。月次や四半期ごとの売上報告を自動的に生成し、関連部門に配信することで、全体的なビジネスの進行状況を透明に保てます。

複数データソースの統合

異なるソースからのデータを一つのダッシュボードで統合表示することが可能です。これにより、ビジネスの全体像を一望でき、より質の高いデータドリブンな判断を下すことができます。例えば、販売データ、顧客データ、在庫データを統合して、企業の健康状態を理解するために活用します。

ダッシュボードの役割

ダッシュボードは、データビジュアライゼーションツールとして、組織や個人がビジネスの意思決定を迅速かつ効果的に行うための重要な役割を担っています。以下は、その主な役割を示すものです。

情報の集約

複数のデータソースから情報を集約し、一目で状況を把握できるようにすることがダッシュボードの基本的な役割です。具体的には、販売データ、顧客データ、財務データなど、異なるデータソースを統合して、一つのインターフェースで表示する能力があります。

リアルタイム性

最新のデータをリアルタイムに反映させることで、常に現状に即した情報を提供できます。これにより、市場の変化に迅速に対応することが可能となり、競争優位を保つことができます。

視覚的表現

データをグラフやチャートといった視覚的な形式で表現し、より理解しやすくします。視覚的表現により、複雑なデータも簡単に理解でき、分析の効率が向上します。

進捗管理

目標に対する進捗を視覚的に追跡し、必要な調整をタイムリーに行うことができます。これにより、プロジェクトの遅延を防ぎ、効果的なリソース管理が可能となります。

意思決定の支援

集めたデータと視覚的表現を基に、戦略的な意思決定をサポートします。データドリブンな意思決定には、適切なデータの提示が不可欠であり、ダッシュボードはその役割を果たします。

コミュニケーションの効率化

ダッシュボードを利用することで、チームや部門間のコミュニケーションがスムーズになり、誤解を避けることができます。同じデータを基にした情報共有が、一貫性のあるコミュニケーションを支援します。

パフォーマンスの測定

特定のKPI(重要業績評価指標)を設定し、それに基づいて組織や個人のパフォーマンスを可視化します。この透明性は、モチベーションの向上や目標達成への積極的な取り組みを促進します。

ダッシュボードを作成するメリット

効率的なデータ管理

ダッシュボードを活用することで、異なるデータソースの情報を一箇所に集約し管理することができます。この統合により、情報の検索、確認、分析のスピードが飛躍的に向上し、日常の業務効率が格段にアップします。具体的には、同じ情報に対して複数回の検索作業を省くことが可能になります。

迅速な意思決定を支援

最新かつリアルタイムのデータを提供することで、経営陣や意思決定者が時間のロスなく適切な判断を下せます。特に市場の変動が激しい業界においては、タイムリーな情報にアクセスできることが競争優位性に直結します。

パフォーマンスの可視化

具体的な数値やトレンド、パターンを視覚的なフォーマット(グラフやチャートなど)で表示することで、業務の成果を直感的に理解しやすくなります。これにより、成功している点と改善が必要な点が明確になり、具体的な改善策を迅速に導入できるようになります。

コミュニケーションの向上

データを共有しやすくすることで、チーム内や部門間コミュニケーションがスムーズになります。これにより、プロジェクトの進捗状況や課題に関する共通理解が深まり、効率的な協働が促進されます。

詳細なレポート作成の省力化

データの集約と自動更新機能を活用することで、手動でのレポート作成から解放されます。これにより、レポート作成にかかっていた時間と労力を他の重要な作業に振り向けることができ、全体の生産性の向上に貢献します。

ダッシュボード作成時の注意点

データセキュリティ

ダッシュボードで扱うデータには企業の重要な情報が含まれる可能性があります。不正アクセスやデータ漏洩を防ぐために、アクセス権の厳格な管理、データの暗号化、セキュリティソフトの導入が不可欠です。

データの正確性

ダッシュボードの信頼性を保つためには、使用するデータが正確であることが必要です。データソースの検証を行い、誤った情報が入らないようにすることが重要です。また、データの定期的な更新を行いデータが常に最新の情報であることを確認しましょう。

ユーザービリティの考慮

ダッシュボードはその利用者がすぐに情報を理解し、活用できることが求められます。利用者の経験をもとに、直感的で分かり易いインタフェースの設計を心がけてください。また、ユーザーがよく利用する機能は前面に出し、操作性を高めることで、幅広い層に受け入れられるデザインを目指してください。

過剰な視覚要素の避け方

ダッシュボードの視覚的魅力は重要ですが、過多なデザイン要素はユーザーの情報理解を阻害することがあります。情報の優先順位を設定し、必要な情報を際立たせることで、視覚的なクリアさと機能性を両立させましょう。

パフォーマンスの最適化

データ量が多いダッシュボードは、ロード時間が長くなりがちです。データの効率的な処理と、サーバーのパフォーマンスを最大化するための方法を採用してください。これには、データの事前加工、分析処理の最適化、高性能サーバーの利用が含まれます。

ダッシュボードの作成手順

目標とKPIの設定

事業やプロジェクトの具体的な目標を設定し、それに合わせたキーパフォーマンスインジケーター(KPI)を決定します。たとえば、オンライン販売であれば月間訪問者数や成約率がKPIとなります。

データソースの選定

必要なデータを提供できる信頼性の高いデータソースを選定します。データの種類に応じて、社内データベース、ソーシャルメディア、顧客管理システムなどが考慮されます。

データ収集

選ばれたデータソースからデータを収集します。大量のデータを効率的に収集するためには、自動化ツールを利用することがあります。

データの整理と前処理

収集したデータが分析可能な形になるように整理し、前処理を実施します。例えば、不完全なデータを削除または補完し、データ形式を統一します。

ダッシュボードの設計

どの情報を、どういう形で表示するかを決定します。ユーザーが最も重要と感じる情報を、直感的に理解できるレイアウトで配置することが重要です。

ツールの選択

ダッシュボード作成に適したツールを選びます。選定の際は、扱えるデータの種類、ユーザーインタフェースの使いやすさ、コスト、サポート体制などを考慮します。人気のツールはTableauやMicrosoft Power BI データ統一クラウドSrushなどがあります。

ダッシュボードの構築

選択したツールを用いて、設計に基づきダッシュボードを構築します。この段階では、データの視覚化方法やインタラクティブな機能を設定します。

テストと評価

ダッシュボードの動作を確認し、データが正確かつ適切に表示されるかをテストします。問題があれば、調整を行います。

フィードバックの収集

実際のユーザーを対象にダッシュボードを使用してもらい、フィードバックを収集します。使用感や改善点についての意見を聞き、ダッシュボードの品質を高めていきます。

改善と更新

ユーザーからのフィードバックを元に、ダッシュボードを継続的に改善します。また、データは常に最新の状態に保つため、定期的に更新が必要です。

ダッシュボード公開

すべての準備が整ったら、ダッシュボードを公開します。公開後も継続的にモニタリングし、必要に応じてメンテナンスを行います。

ダッシュボード作成におすすめのツール

ダッシュボードを効率的に作成するには、適切なツールの選定が重要です。ここでは、ビジネスのニーズに応じて選ぶべきダッシュボードツールを紹介します。

Tableau

Tableauは、その直感的な操作性と強力なデータ視覚化機能で知られています。ビジネスユーザーでも容易に複雑なデータ分析を行うことができ、データドリブンな意思決定をサポートします。

Microsoft Power BI

Power BIは、統合性と拡張性に優れ、Microsoftの製品とシームレスに連携することが可能です。特にExcelとの互換性は非常に高く、既存のMicrosoftユーザーから人気な選択です。このツールを使用することで、組織の情報共有がスムーズになります。

Qlik Sense

Qlik Senseは、自由度の高いデータ結合機能と強力なインメモリー処理能力で、柔軟かつ高速なデータ分析が可能です。大量のデータをリアルタイムで分析する場合に有効です。また、ユーザーが独自の分析アプリケーションを構築できる点も特徴の一つです。

Sisense

Sisenseは、ビッグデータの分析に特化しており、特に複雑なデータセットからのインサイト抽出に強みを持っています。非技術者でも直感的に操作が可能なユーザーインターフェースが評価されています。大規模なデータセットを持つ企業にとって、有効な解決策を提供します。

データ統一クラウドSrush

データ統一クラウドSrushは、データ分析ツール3.0のサービスとしてはじめての導入からデータ基盤の更改も対応出来るような初心者〜上級者の幅広いニーズにく対応しています。クリックだけで100種類以上のツールとノーコード連携が可能で、ビジュアル化までSrush上でシームレスに接続しデータのダッシュボード化を実現します。オールインワンだからこそのワンストップサポートが受けられます。

Contributor By: 渡邉 実基

Srush株式会社のマーケティング担当者。 豊富な営業経験を経て、顧客の認知から購入に至るプロセスにおける要素分析の難しさに直面し、その解決策としてSrushとの出会いを果たす。 データ分析の力を駆使して、日本の全企業がより効果的な意思決定を行い、競争力を高めるためのパートナーでありたいと思っています。趣味はカフェ巡り

SHARE