今すぐ使える!データ分析の手法と代表的なツール・サービスを紹介

2024/03/29 11:11:41 | データ分析 今すぐ使える!データ分析の手法と代表的なツール・サービスを紹介

この記事では、データ分析を始めようとしている方、またはそのスキルを向上させたい方に向けて、現在利用可能な代表的なデータ分析手法や、そのためのツール、さらには効果的にデータを活用するサービスについて詳しく解説します。エクセル、R言語、Pythonをはじめとする分析ツールの使い方や、データ統一クラウドSrush、Tableauなどのサービスの活用方法を通じて、データ分析の基本から実践的な応用までを網羅的に学べます。

代表的なデータ分析手法

データ分析には様々な手法がありますが、ここでは特に効果的で広く使用されている代表的な手法を紹介します。データ分析手法を適切に選択し、活用することで、ビジネスの意思決定を強力に支援し、競争優位性を高めることができます。

記述統計

記述統計は、データを要約し、その特徴を明確にする手法です。平均、中央値、モード、分布、標準偏差などを算出し、データセットの傾向や散らばり具合を明らかにします。これらの情報は、データが示す現象を理解するための土台となります。

推測統計

推測統計は、サンプルデータから母集団の特性を推測する手法です。標本から推定や仮説検定を行い、より大きなデータセットに対する一般的な結論を導き出します。この手法は、データセット全体を分析することが不可能または非現実的な場合に特に有用です。

回帰分析

回帰分析は、変数間の関係をモデリングする手法です。特に、ある変数が他の変数にどのような影響を与えるかを調査します。たとえば、広告費用と売上高の関係を分析することで、広告投資の効果を評価することができます。この手法は、因果関係の分析にも適しています。

クラスタリング

クラスタリングは、類似した特性を持つデータポイントをグループ化する手法です。この手法は、顧客セグメントの作成、商品のカテゴリ分け、文書の分類など、様々な場面で利用されます。クラスタリングにより、データ内に潜在するパターンや構造を発見することができます。

主成分分析(PCA)

主成分分析(PCA)は、データセット内の変動を最もよく説明する主要な成分を抽出する手法です。多次元のデータセットをより少ない次元で表現することで、データの可視化や分析を容易にします。PCAは、特に高次元データの次元削減に適しています。

機械学習

機械学習は、データからパターンを学習し、新しいデータに対して予測を行うアルゴリズムの一群です。教師あり学習、教師なし学習、強化学習など、様々なアプローチが存在します。特に、大量のデータから複雑な関係性や傾向を発見する能力に優れています。

相関分析

二つの変数間の関係の強さと方向を評価します。ピアソンの相関係数やスピアマンの順位相関係数などがあり、値は-1(完全な負の相関)から+1(完全な正の相関)までの範囲です。

時系列分析

時間に沿って観測されたデータ点の系列を分析する手法です。トレンド、季節性、周期性などの時間に関連するパターンを識別します。

ファクター分析

変数間の関係を分析し、それらがいくつかの未知の因子によって説明できるかどうかを評価します。主に調査データの解析に使用され、関連する変数のグループを識別します。

データマイニング

データセットからパターンや知識を抽出するためのプロセスです。分類、回帰、クラスタリング、パターン認識などの技術が含まれます。

データ分析のためのツール

データ分析において、適切なツールの選択は非常に重要です。ここでは、データ分析に頻繁に用いられるエクセル、R言語、Pythonについて、それぞれの特徴や利点を解説します。これらのツールの選択は、分析するデータの種類や分析の目的、また、利用者の技術的なスキルによって変わります。これらを効果的に活用することで、より高度なデータ分析が可能になります。

エクセル

エクセルは、マイクロソフトが提供する表計算ソフトで、データ分析では特に初心者に優しいツールとして知られています。エクセルでは、ピボットテーブルや関数を使って、基本的なデータの集計や分析を行うことができます。また、豊富なグラフィック機能により、データを視覚的に表現することも可能です。しかし、大規模なデータセットや高度な統計分析を行うには、他のツールへの移行が必要になる場合があります。

R言語

R言語は、統計計算やグラフィックの描写に特化したプログラミング言語です。R言語は、オープンソースであり、多数のパッケージが提供されていることから、高度な統計分析やデータマイニング、機械学習といった幅広いデータ分析が可能です。また、R言語はデータの可視化に優れており、複雑なグラフも簡単に作成できます。学習曲線は比較的高いものの、習得することで大量のデータを柔軟に扱えるようになります。

Python

Pythonは、読みやすい文法とシンプルな構文で知られるプログラミング言語で、データ分析、ウェブ開発、機械学習など幅広い領域で使われています。Pythonは、NumPyやPandas、Matplotlibといったデータ分析向けのライブラリが充実しており、これらを用いることで複雑なデータの操作や分析、可視化が容易に行えます。また、PythonはR言語と比べて汎用性が高く、データ分析以外のタスクにも応用可能です。初心者から上級者まで幅広い層に支持されています。

代表的なデータ分析サービス

データ分析を行う上で欠かせないのが、効率的かつ高度な分析が可能なデータ分析サービスの利用です。ここではその特徴と活用方法について解説します。

データ統一クラウドSrush

データ統一クラウドSrushは、オールインワンデータ分析ツールです。はじめての導入からデータ基盤の更改も対応出来るような初心者〜上級者の幅広いニーズに隈無く対応しています。クリックだけで100種類以上のツールとノーコード連携が可能、ビジュアル化までSrush上でシームレスに接続しデータのダッシュボード化を実現します。オールインワンだからこそのワンストップサポート。チャットサポートや専属のカスタマーサクセスによる伴走支援も受けられます。

Tableau

Tableauは、直感的な操作でデータを視覚化し、その結果を共有することができる高性能なデータ分析ツールです。「ドラッグ&ドロップ」の操作で複雑なデータも簡単に分析し、豊富なグラフィックオプションを利用して、分かりやすいレポートやダッシュボードを作成することが可能です。また、Tableauではデータの共有や配布も簡単に行うことができ、組織全体でのデータ活用を促進します。

渡邉 実基

Contributor By:: 渡邉 実基

Srush株式会社のマーケティング担当者。 豊富な営業経験を経て、顧客の認知から購入に至るプロセスにおける要素分析の難しさに直面し、その解決策としてSrushとの出会いを果たす。 データ分析の力を駆使して、日本の全企業がより効果的な意思決定を行い、競争力を高めるためのパートナーでありたいと思っています。趣味はカフェ巡り