【初心者向け】ER図とは?主要な要素や作成手順を解説

2024/03/25 10:25:50 | データ分析 【初心者向け】ER図とは?主要な要素や作成手順を解説

データベース設計の基礎から応用まで、ER図が何であるか、どうして重要なのか、どのようにして自分で作成できるのかを初心者向けに解説します。ER図の種類、主要な要素、そして無料ツールを使った作成方法までわかります。

Topics: データ分析

ER図とは

ER図(エンティティ関連図)は、データベースシステムで扱うデータの構造やそれらの間の関係性を視覚的に表現した図のことです。これは、システムのデータモデルを構築する上で非常に重要な役割を果たし、データベース設計の初期段階で利用されます。ER図を使用することで、データベースに格納される情報、その情報がどのように相互に関連しているのか、さらには情報がどのように処理されるのかを明確に理解する助けとなります。

具体的には、ER図はエンティティ(データの塊を表すオブジェクト)、エンティティ間の関連、およびエンティティが持つ属性(データの詳細や特徴を指す項目)を図式化して示します。 データベース設計者はER図を使って、標準化された方法でデータの構造を考え、分析し、共有することができます。これにより、設計のミスを最小限に抑え、開発過程全体を効率化することが可能になります。

ER図の作成には特定の記法があり、最も一般的なものにはIE記法やIDEF1X記法があります。これらの記法はそれぞれ固有の記号を使用し、エンティティ、属性、関連などを異なる形で示します。正確なER図を作成することで、実際のデータベース設計に移る前に、システム設計者やステークホルダー間でのコミュニケーションを促し、より効率的かつ正確なデータベース開発につながります。

ER図が使われる理由

ER図(Entity-Relationship Diagram)が多くのプロジェクトや組織で広く使われている理由は、複雑なデータ構造を視覚的に表現し、理解しやすくするためです。この視覚的な表現により、システム設計者や開発者はデータ間の関係性を明確に把握でき、より効果的なデータベース設計を行うことが可能となります。また、ER図はコミュニケーションツールとしても非常に有用です。プロジェクトメンバー間、あるいはステークホルダーとの間で、データ構造やそれに基づくシステムの要件について議論する際に、共通の理解を促進するための具体的な基盤を提供します。

さらに、ER図は、既存システムのドキュメント作成にも役立ちます。システムのアップグレードや修正、または新たな機能の追加を検討する際に、現在のデータ構造とその関係性を正確に把握することは非常に重要です。ER図を用いることで、既存のシステム構造を一目で理解し、必要な変更点を特定しやすくなります。

ER図が広く使われるもう一つの理由は、幅広い分野や業界での適用性です。情報技術だけでなく、経営学、医療、教育など様々な分野でデータベースが中心的な役割を果たしており、それぞれの分野においてER図を用いたデータモデリングが効果的に活用されています。このようにER図は、多岐にわたる用途で汎用性と効果性を証明しています。

ER図の主な種類

ER図にはいくつかの主要な種類がありますが、その中でも特に普及しているものがIE記法とIDEF1X記法です。それぞれの記法には特徴があり、使用目的やシーンによって選択されます。

IE記法

IE記法は、情報エンジニアリング記法とも呼ばれ、もっとも一般的に使用されるER図の記法です。直感的な記号と表現力の高さから、データベース設計だけでなく、システム開発の初期段階での要件定義など広い範囲で利用されます。

IDEF1X記法

IDEF1X記法は、米国国防総省によって開発された記法で、特にデータモデルのために設計されています。その厳密な規則性が特徴で、複雑なデータ構造を持つシステムや、既に大規模で詳細なデータモデルが存在する場合に適しています。

 

これらの記法はそれぞれにメリットとデメリットがあります。IE記法は直感的で理解しやすい一方で、非常に複雑なデータ構造を表現する際には限界があります。一方、IDEF1X記法はその厳密さから複雑なデータ構造を表現するのに適しているものの、習得が難しく、初心者には敷居が高いかもしれません。

ER図を作成する際には、プロジェクトのニーズやチームメンバーの経験を考慮して、これらの記法の中から最適なものを選択することが重要です。

ER図の主要な要素

ER図(エンティティ・リレーションシップ図)を理解するには、その基礎となる主要な要素を押さえることが重要です。ER図を構成する要素には、エンティティ、属性、リレーションシップがあり、これらの要素を適切に活用してデータベースの構造を視覚的に表現します。

エンティティ

エンティティは、データベースで管理される情報の基本単位です。例えば、「従業員」や「商品」といった実世界のオブジェクトを表します。ER図上では、エンティティは長方形で示され、エンティティ名が長方形内に記載されます。

属性

属性は、エンティティをより詳細に説明するためのデータのことです。エンティティ「従業員」に対しては、「名前」や「電話番号」などが属性となります。属性はER図上で楕円または円で表され、エンティティに線で繋がれます。

リレーションシップ

リレーションシップは、エンティティ間の関係を表します。例えば、「従業員は部署に所属する」という関係があり、これをリレーションシップとしてER図に示します。リレーションシップは線で表され、関係の性質を示す記号が線上または線の近くに置かれます。

その他の要素

  • 主キー: エンティティ内の属性の中で、そのエンティティを一意に識別するためのキーです。ER図では下線で示されます。
  • 外部キー: 他のエンティティへの関連を表すための属性です。ER図内で、関連するエンティティへ線で繋がれます。
  • 弱いエンティティ: 他のエンティティに依存して存在するエンティティです。例えば、「注文明細」は「注文」エンティティに依存しており、ER図上で二重の長方形で示されます。

これらの要素を組み合わせて使用することにより、複雑なデータベース構造を視覚的に表現することが可能となります。ER図の作成により、データベースの構造を正確に把握し、開発の効率化に繋がります。

ER図を作成するためのステップ

ER図を自分で作成することは、データの構造を理解し、より効率的なデータベース設計を行うための重要なスキルです。ここでは、ER図を作成するための基本的なステップを紹介します。

要件の定義

まず最初に、データベースに何が必要で、どのような情報を管理する必要があるのかを把握します。この段階でプロジェクトの目的や要件を明確にしておくことが重要です。具体的には、どのようなエンティティが存在し、それらがどのように関連しているかを理解し、記録する必要があります。

エンティティの特定

要件定義をもとに、データベースで管理する必要のあるエンティティを特定します。エンティティは、例えば「顧客」「商品」「注文」といったデータの塊を意味します。それぞれのエンティティには固有の属性(データ項目)が存在します。

関係の特定

エンティティ同士の関係を特定します。これは、一対一、一対多、多対多などの関係を示すことになります。このステップでは、どのようにエンティティが互いに関連しているかを明らかにすることが目的です。

エンティティと関係の図式化

特定したエンティティとその関係を基に、ER図を作成します。ER図にはエンティティを矩形で示し、関係を線で表します。エンティティの属性もこの段階で図式に追加します。

正規化の実行

データの冗長性を排除し、データベースの効率を高めるために正規化を行います。これは、データをより小さく、管理しやすくするプロセスです。正規化を進めることで、更新時のエラーの可能性を減らし、データの整合性を高めることができます。

レビューと修正

作成したER図をレビューし、必要に応じて修正を加えます。このステップでは、要件を満たしているか、エンティティ間の関係が正しく表されているかなどをチェックします。また、他のステークホルダーと共有し、フィードバックを得ることも重要です。

最終的なER図の完成

全てのレビューと修正が終わったら、最終的なER図が完成します。これをもとにデータベースの構築を進めることができます。最終的なER図は、データベース設計の基礎となり、開発プロセス全体で参照される重要なドキュメントです。

無料で使えるER図作成ツール

ER図の作成に役立つ無料ツールは数多く存在します。これらのツールを使用することで、複雑なデータ関係も視覚的に理解しやすくなり、データベース設計の質を向上させることができます。ここでは、初心者でも容易に使用でき、かつ多機能性を兼ね備えた無料ER図作成ツールを紹介します。

ツール名

特徴

対応プラットフォーム

Draw.io

直感的な操作性で、多種多様な図を描画することができる。クラウド保存も可能。

Web, Windows, macOS, Linux

Lucidchart

幅広いテンプレートと豊富な記号が特徴。チームでの共同作業機能も充実。

Web

ER/Studio Data Architect Lite

複雑なデータアーキテクチャの設計に特化。大規模なデータベース設計にも対応。

Windows

上記のツールは、初心者でも直感的に操作可能であり、データベース設計のプロセスを大幅に簡略化します。また、これらのツールは無料であるため、費用をかけずにデータベース設計のスキルを習得したい方にも適しています。適切なツールを選び、データベース設計の効率を高めましょう。

渡邉 実基

Contributor By: 渡邉 実基

Srush株式会社のマーケティング担当者。 豊富な営業経験を経て、顧客の認知から購入に至るプロセスにおける要素分析の難しさに直面し、その解決策としてSrushとの出会いを果たす。 データ分析の力を駆使して、日本の全企業がより効果的な意思決定を行い、競争力を高めるためのパートナーでありたいと思っています。趣味はカフェ巡り