データ分析ブログ データ分析データ分析にまつわる5つの課題とその解決策とは

データ分析にまつわる5つの課題とその解決策とは

この記事では、データ分析に関連する5つの一般的な課題に焦点を当てています。具体的には、エンジニアの不在、大量データの処理問題、属人性の高さ、データの自動共有の困難、そしてサポートの不十分さについて詳しく解説しています。

目次

Topics: データ分析

課題1:エンジニア不在でデータ連携ができない

データ連携の重要性

データ分析を行うためには、様々なデータソースからデータを統合し、分析可能な形式に整えることが非常に重要です。このプロセスを「データ連携」といいます。しかし、多くの組織では専門のエンジニアが不在であるために、データ連携が困難となっています。

具体的な課題とその影響

  • 技術的なハードル:データベースやAPIなど、異なるデータソース間でデータを収集・統合するためにはSQLやPythonなどの専門的な技術知識が必要です。
  • データ品質の問題:適切なデータ連携が行われない場合、データの重複や誤りが生じ、分析の精度が低下します。
  • リアルタイム性の欠如:データのリアルタイム更新が難しくなり、古い情報に基づいた意思決定を余儀なくされることがあります。

解決策

データ連携の課題を解決するためには、以下のようなアプローチが考えられます:

  • データ統合ツールの活用:ETLツール(Extract, Transform, Load)など、データ連携を自動化するソフトウェアを導入することで、エンジニア不在でもデータを効率的に扱えるようになります。
  • クラウドサービスの利用:Google Cloud PlatformやAWSなどのクラウドサービスは、データ連携を容易にする多くのツールを提供しています。これにより、技術的な障壁を低減できます。
  • データガバナンスの強化:データの品質を保つためのポリシーを設定し、データ管理を徹底することが必要です。

データ連携の課題は、多くの企業が直面している重要な問題です。適切なツールと戦略を採用することで、課題を克服し、データ分析のポテンシャルを最大限に引き出すことができます。

 

課題2:大量のデータを処理できない

データ処理能力の限界

現代のビジネス環境において、データ量は爆発的に増加しています。特に「ビッグデータ」と称される、大量かつ多様なデータを扱う際には、適切な技術とインフラが必要となります。しかし、未だ多くの企業では既存のシステムを使い続けていて、これら大量のデータを処理する能力に限界があるという問題です。

具体的な問題点

  • 処理速度の遅さ:データ量が増加すると、データのロード、処理、分析に必要な時間が増大し、ビジネスの迅速な意思決定に支障をきたします。
  • ストレージの問題:物理的なストレージ容量の限界や、コストの増加がデータ保存の障壁となり得ます。
  • システムの負荷:大量のデータを扱うために必要なリソースがシステムに大きな負荷をかけ、他の業務に影響を与える可能性があります。

解決策の提案

データ処理能力の限界を克服するためには、以下のような解決策が有効です:

  • スケーラブルなクラウドサービスの導入:AWSやGoogle Cloud Platformのようなクラウドサービスは、データ量に応じてリソースを自動でスケーリングすることができ、大量データの処理に適しています。
  • データウェアハウスの利用:専門のデータウェアハウスを使用することで、大量のデータを効率的に管理・分析できます。例えば、SnowflakeやBigQueryは大規模なデータセットの処理に特化しています。
  • データの最適化:データを適切に前処理し、必要なデータのみを保持することで、処理負荷を減らすことができます。

大量のデータを効率的に処理することは、ビジネスの競争力を高める上で不可欠です。適切な技術の選択とシステムの最適化により、この課題を解決することが可能です。

課題3:属人性が高く、限られた人しかできない

属人性の問題とその影響

データ分析における属人性とは、特定の個人や少数のスタッフに技術や知識が集中している状態を指します。このような状態では、そのスキルを持つ人物が不在の場合に作業が停滞し、組織全体の効率性が低下する可能性があります。

具体的な課題

  • 知識の共有不足:必要な技術やプロセスについての情報が十分に共有されていない場合、新たなメンバーや他部署が同じ作業を行う際に困難を極めます。
  • トレーニングの欠如:データ分析に必要なトレーニングが組織内で不足しているため、スキルセットを持つ人材が限られてしまいます。
  • 業務継続のリスク:キーパーソンが退職または長期休暇を取る場合、その人物が担当していた業務が停止する恐れがあります。

解決策

属人性を減少させるためには、以下のようなアプローチが有効です:

  • ドキュメンテーションの充実:作業手順や分析手法に関するドキュメントを詳細に作成し、簡単にアクセスできるようにします。
  • 定期的なトレーニングとワークショップの実施:全従業員を対象に、定期的なデータ分析スキルのトレーニングやワークショップを実施し、リテラシーやスキルを広範囲に底上げします。
  • メンタリングシステムの導入:経験豊富な分析担当者が、若手や他部門のスタッフを指導するメンタリングプログラムを設けることで、知識とスキルの伝承を促進します。

データ分析の属人性を減らすことは、組織の柔軟性を高めるために極めて重要です。適切な知識共有とスキル開発により、より多くの従業員がデータ分析を行えるようになることで、企業全体のデータリテラシーが向上します。

課題4:集計したデータを自動で共有できない

自動共有の障壁とビジネスへの影響

データを集計後、関係者とタイムリーに共有することは、効率的な意思決定プロセスに不可欠です。しかし、多くの組織では、この自動共有のプロセスが確立されていないため、データが最大限に活用されず、ビジネスの機会損失につながることがあります。

具体的な問題点

  • 手作業での共有による遅延:データの共有が手動で行われる場合、時間がかかり、データの鮮度が失われる可能性があります。
  • エラーの発生:人の手によるデータ共有は、ミスを引き起こしやすく、誤ったデータに基づいて意思決定が行われるリスクがあります。
  • アクセス権の管理問題:誰がどのデータにアクセスできるかを適切に管理するシステムがないと、セキュリティ違反のリスクが高まります。

解決策

自動でデータを共有する能力を向上させるための戦略は以下の通りです:

  • 自動化ツールの導入:データ共有を自動化するツールやプラットフォームを導入することで、手動での作業を削減し、エラーを減らします。たとえば、Microsoft Power AutomateやZapierなどがあります。
  • ダッシュボードの利用:リアルタイムダッシュボードを使用して、データを視覚的に表示し、すべての関係者が必要な情報に即座にアクセスできるようにします。TableauやPower BIなどが有効です。
  • 権限管理システムの強化:適切なアクセス権管理を持つプラットフォームを使用し、データのセキュリティとプライバシーを確保します。

データの自動共有は、組織が迅速に情報に基づいた決定を行うために重要です。適切なツールと戦略を採用することで、このプロセスを効率化し、全社的なデータ活用を促進することが可能となります。

 

課題5:サポートに問い合わせても解決しない

サポート体制の問題とその影響

データ分析ツールやシステムを導入しても、適切なサポートが得られない場合、技術的な問題や操作上の疑問を解決できずに立ち往生してしまうことがあります。特に、急を要する問題が迅速に対応されないことで、業務の遅延や生産性の低下、及びツールに対する不信感を引き起こす恐れがあります。

具体的な課題

  • 対応の遅延:サポートが外部に委託されている場合、時間差やコミュニケーションの壁が原因で対応が遅れがちです。
  • 専門知識の不足:サポートスタッフが特定のデータ分析ツールや技術に関する深い知識を持ち合わせていないことがあり、問題の解決が困難になることがあります。
  • 情報共有の欠如:以前に解決した問題が記録されず、同じ問題が再発した際に同じ対応を繰り返す無駄が生じます。

解決策

効果的なサポート体制を構築するためには、以下の取り組みが重要です:

  • 内部サポートチームの育成:組織内に専門知識を持つサポートチームを設置し、迅速な対応を可能にします。
  • ナレッジベースの構築:よくある問題とその解決策をデータベース化し、全従業員がアクセスできるようにすることで、自己解決を促進します。
  • 定期的なトレーニングとアップデート:サポートチームが定期的に最新のトレーニングを受け、新しい技術やツールに関する知識を常に更新することが必要です。

適切なサポート体制は、データ分析ツールの効果的な活用と直接的に関連しています。問題が迅速に解決されることで、データ分析を通じた洞察の獲得と意思決定のスピードが大きく改善されるでしょう。

5つの課題を全て解決する方法とは

5つの課題にひとつひとつ向き合っていくことも大切ですが、データ統一クラウド『Srush』を使えば、これらの課題を一気に解決することができます。日本企業のために生まれたデータ統一クラウド『Srush』は、ノーコードでデータ基盤を構築し、すぐに分析をはじめられるオールインワンデータ分析ツールです。

データ連携の課題をSrushで解決

Srushは専門知識がなくても、100種類以上のツールとクリックだけでデータ連携が可能です。設定後はデータの自動更新が行われるので、運用面も心配ありません。

大量データ処理の課題をSrushで解決

Srushは「Snowflake」を基盤としたノーコードデータ加工機能により、直感的に各種データベースのデータを複合的に統合加工できます。SQL不要で大量データの統合・加工が可能です。

属人化の課題をSrushで解決

Srushはノーコード、オールインワンデータ分析ツールであるため、クリックだけでデータの抽出から可視化まで行うことができます。また、SQLやPythonなどのエンジニアリングスキルが必要なく、Excelの延長線上で扱うことが可能です。

データ共有の課題をSrushで解決

Srushは「AmazonQuickSight」を標準機能としてデータをシームレスに接続し、社内共有可能なダッシュボード化を実現します。また、作成したデータを別サービスに転送させることで、保管・通知・同期を自動化。データを縦横無尽に展開します。

サポート不在の課題をSrushで解決

Srushオールインワンだからこそ、サポートもワンストップで行います。テクニカル面であるデータ連携・データ基盤・BIに加えて、要件定義・社内教育・ダッシュボードデザインなど幅広い充実したサポートをご用意しています。

まとめ

この記事を通じて、データ分析の主要な課題とその解決策を詳細に検討しました。エンジニアの不在、大量データの処理能力の限界、高度な属人性、データ共有の自動化問題、サポート体制の不備など、さまざまな問題が企業のデータ分析効率を阻害しています。各課題に対して具体的な解決策を提供し、これらを適切に実施することで、企業はより迅速かつ効率的な意思決定が可能となり、競争力を大きく向上させることができます。データを戦略的資源として活用することの重要性を再認識し、それに適した体制を整えることが求められます。

全てが解決できるSrushにぜひ一度ご相談ください。

CTA

 

Contributor By: 渡邉 実基

Srush株式会社のマーケティング担当者。 豊富な営業経験を経て、顧客の認知から購入に至るプロセスにおける要素分析の難しさに直面し、その解決策としてSrushとの出会いを果たす。 データ分析の力を駆使して、日本の全企業がより効果的な意思決定を行い、競争力を高めるためのパートナーでありたいと思っています。趣味はカフェ巡り

SHARE