データ分析ブログ データ分析データ分析の仕事とは?求められるスキルやおすすめのツール

データ分析の仕事とは?求められるスキルやおすすめのツール

この記事では、データ分析を仕事にするために必要な情報を網羅しています。まず、データ分析を仕事にできる様々な職種について説明し、次にデータ分析に必要な主要なスキルを紹介します。続いて、データ分析に向いている人の特徴について掘り下げ、最後にデータ分析の仕事に役立つツールについて解説しています。この記事は、データ分析の分野に興味がある初心者から、キャリアをさらに発展させたい経験者まで、幅広い読者に有益な情報を提供しています。

目次

Topics: データ分析

データ分析を仕事にする職業とは

データ分析とは、大量のデータから有益な情報を抽出し、結果を分析して意思決定を支援するプロセスです。近年、ビッグデータの活用が進む中で、データ分析を必要とする職業は多岐にわたります。ここでは、データ分析を主軸にしたいくつかの職業について、その役割と必要なスキルを紹介します。

データアナリスト

データアナリストは、企業が保持する膨大なデータを分析し、ビジネスの意思決定に役立てる情報を提供します。彼らは、市場の動向、顧客の行動、製品の性能などを分析し、企業の成長に貢献します。主な業務としては、データの収集と処理、統計的分析、レポートの作成などがあります。

ビジネスアナリスト

ビジネスアナリストは、ビジネスに関連する問題を解決するために、データ分析を行います。ビジネスプロセスの改善、コスト削減、収益増加などを目的として、データを基にした提案を行います。データアナリストよりもビジネス寄りの業務が多く、プロジェクト管理や利害関係者とのコミュニケーション能力も重要とされます。

データサイエンティスト

データサイエンティストは、より高度なデータ分析を行う職業で、機械学習や統計学、予測モデルなどを用いて、データから新たな洞察を引き出します。データの探索的分析から、予測モデルの開発、結果のビジュアライゼーションまで、データに関わる全般的な業務を担当します。特に、未来の予測や新しいパターンの発見など、ビジネスに直接的な影響を与える分析を行うことが期待されています。

マーケットリサーチャー

マーケットリサーチャーは、市場のトレンドや消費者の嗜好を分析することで、商品開発やマーケティング戦略の策定を支援します。アンケート調査やフォーカスグループ、社内データの分析などを行い、市場の需要や競合の動向を把握します。

 

これらの職業は、共通してデータを理解し、分析する能力が求められますが、その応用範囲や業務内容は大きく異なります。ビジネスの成長を支える重要な役割を担っており、これからの時代においてデータ分析の仕事を持つことは、多大な機会をもたらすでしょう。

 

データ分析の仕事に必要なスキル

データ分析の仕事を行う上で、必要とされるスキルは多岐に渡ります。ここでは、データ分析に関わる職業で求められる主要なスキルをいくつか紹介します。

統計学と数学の知識

データ分析の基礎となるのは、統計学と数学です。データから有益な情報を引き出し、正確な結果を導くためには、確率論、推定統計、回帰分析などの統計的手法と、線形代数や微分積分などの数学的技術が必要です。これらの知識は、データの傾向を理解し、予測モデルを構築する上で欠かせません。

プログラミング能力

データ分析では、大量のデータを効率良く処理するためにプログラミング能力が必要とされます。特にPythonやRといったデータ分析に適した言語のスキルは重要で、データのクリーニング、加工、分析、可視化などのプロセスを自動化することが可能です。また、SQLなどのデータベース言語の知識も、データを効率的に抽出・操作するために役立ちます。

データビジュアライゼーション

分析結果を効果的に伝えるためには、データビジュアライゼーションのスキルが不可欠です。グラフやチャート、インフォグラフィックを用いて、データをわかりやすく視覚化することで、技術的でない利害関係者でも分析結果を理解できるようになります。TableauやPower BIなどのツールを使いこなすことが、このスキルを身につける上で役立ちます。

コミュニケーション能力

データ分析の結果は、ビジネスの意思決定に直結するため、分析結果を明確かつ効果的に伝えるコミュニケーション能力が求められます。技術的な内容を非技術者にも理解できるように説明する力は、データアナリストにとって特に重要です。また、チーム内での協力や、他部門との連携を円滑にするためにも、高いコミュニケーションスキルが必要となります。

批判的思考能力

データ分析においては、ただデータを処理するだけでなく、その背後にある仮定を検証し、バイアスや誤りを見つけ出す批判的思考が求められます。データを盲信せず、常に疑問を持ち、分析プロセス全体を通じて質問を投げかけることが重要です。

データ分析の仕事が向いている人とは

データ分析の仕事は、特定のスキルセットだけでなく、特定の性格特性や思考パターンを持つ人に適しています。ここでは、データ分析の仕事に向いている人の特徴をいくつか紹介します。

詳細に注目する人

データ分析では、小さなデータの変動や不規則性が重要な洞察につながることがよくあります。そのため、細部に注意を払い、小さなエラーや異常値に気づける人は、この分野で成功しやすい傾向にあります。詳細に注意を払う能力は、データの前処理から分析、結果の解釈に至るまで、あらゆる段階で重要です。

論理的かつ批判的に考える人

データ分析は、データに隠されたパターンや関連性を見つけ出し、それらを論理的に解釈する作業です。そのため、論理的に物事を考え、データに基づいた合理的な結論を導き出せる人が向いています。また、自身の分析結果に対しても批判的に見ることができ、結果の妥当性を常に問い直す姿勢も重要です。

学習意欲が高い人

データ分析の分野は常に進化しており、新しい分析手法やツールが次々と登場しています。このため、新しい知識を積極的に学び、自己のスキルセットを常にアップデートし続けることができる人が、この仕事に適しています。学習意欲が高い人は、変化する市場や技術の動向に柔軟に対応でき、長期的に分析業務で成功しやすいです。

コミュニケーション能力がある人

データ分析の結果は、他のチームメンバーや意思決定者と共有されることが多く、その結果を分かりやすく伝える能力が求められます。そのため、他人と効果的にコミュニケーションを取ることができ、複雑な分析結果を簡潔かつ明瞭に説明できる人は、データ分析の職に適しています。

開放的で柔軟な思考ができる人

最後に、データ分析においては、予期しない結果や新しい発見に直面することがしばしばあります。そのため、新しいアイデアやアプローチに対して開放的で、柔軟に思考できる人が向いています。予定外の結果を受け入れ、それを新たな機会として捉えることができる人は、データ分析の仕事で大きな成功を収めることができます。

データ分析の仕事に使えるツール

データ分析を効率的かつ効果的に行うためには、適切なツールの選択が不可欠です。ここでは、データ分析の仕事において広く利用されている主要な広義でのツールをいくつか紹介します。

Excel

マイクロソフトのExcelは、最も一般的に使用されるデータ分析ツールの一つです。ピボットテーブルや関数、マクロなどの機能を使って、データの集計、分析、視覚化が行えます。初学者から上級者まで、幅広いユーザーに対応しており、小規模から中規模のデータセットに適しています。

SQL

SQL(Structured Query Language)は、データベースから情報を抽出、操作するための標準的な言語です。データアナリストはSQLを使って、大量のデータから必要な情報を効率的に取り出します。複雑なクエリも扱えるため、大規模なデータセットに対応する分析には欠かせません。

PythonとR

データ分析およびデータサイエンスの分野で非常に人気があるのが、PythonとRのプログラミング言語です。これらの言語は、データ操作、統計分析、機械学習モデルの構築、データの可視化など、データ分析の全般にわたって強力な機能を提供します。Pythonは汎用性が高く、Rは統計分析に特化していると言われます。

TableauとPower BI

TableauとPower BIは、データのビジュアライゼーションに特化したツールです。これらのツールを使用すると、データからインサイトを引き出し、インタラクティブなダッシュボードやレポートを作成できます。ビジュアルな分析機能に優れており、非技術者にも理解しやすい形でデータを提示することができます。

GA4

ウェブサイトのトラフィック分析には、GA4が広く使われています。この無料ツールを使用すると、ウェブサイト訪問者の行動を詳細に追跡し、コンテンツのパフォーマンス、ユーザーの関与度、コンバージョン率など、重要なメトリクスを分析できます

データ統一クラウドSrush

Srushはデータ分析に関わる全工程においてエンジニアリングやスキルが不要な、オールインワンデータ分析ツールです。ビジュアル化に至るまでの難関であるデータ連携やデータ統合、加工がノーコードで行えます。ツール開発から提供まですべて国内で行われており、はじめてのデータ分析から上級者のニーズにも対応しています。

 

Contributor By: 渡邉 実基

Srush株式会社のマーケティング担当者。 豊富な営業経験を経て、顧客の認知から購入に至るプロセスにおける要素分析の難しさに直面し、その解決策としてSrushとの出会いを果たす。 データ分析の力を駆使して、日本の全企業がより効果的な意思決定を行い、競争力を高めるためのパートナーでありたいと思っています。趣味はカフェ巡り

SHARE