Srush Withコロナ

SrushとZoom連携でシームレスなオンライン商談の実現を

SrushとZoom連携でシームレスなオンライン商談の実現を Srush

スケジュール管理はGoogleカレンダー、ルート検索はGoogleマップとNAVITAIME、さらにオンライン商談はZoom。営業が商談するまでは、たくさんのツールを使うのが一般的です。特にオンライン商談とツールは、これからの営業のスタンダードになるかもしれない必須ツール。効率的でシームレスに利用できる環境であれば距離や時間に縛られず、スムーズなクロージングにつなげられる可能性も高まります。

オンライン商談の日程調整の最適化を図る

Srushは日程調整にかかる営業の現場の効率化の機能を多数、用意しています。訪問のスケジュール調整はもちろん、これから主流になり得る「オンライン商談」の日程調整の効率化につながる機能も搭載。その1つがカレンダーと代表的なオンライン商談ツールとZoomとのシームレスな連携と、通知の自動化です。Srushは多様な顧客とのやりとりを想定した効率化の支援を行って居ます。

SrushとZoomの連携方法

日程調整・タスク管理・ルート検索などをカレンダー上でまとめて操作できる「Srush」は、営業現場でも特にメジャーなオンライン商談ツールであるZoomとの連携がとてもスムーズ。事前に個別設定で使用するzoomのURLを設定しておけば、いちいちzoomのサイトを開くことなく、ワンクリックで反映できます。

①カレンダー画面

カレンダー画面

②自動的に抽出

自動的に抽出

さらに日程調整が完了した時点で、自動的に顧客にZoomミーティングのURLを記載した招待メールを通知する機能も搭載。細かなやりとりと日程調整の工程・作業の効率化を実現します。

Srush×Zoomで顧客との距離をさらに近くに

オンライン商談が主流になれば、1日5件程度のアポイントでも1年で1,000回以上、ZoomのURLの発行を行う必要があります。そのため、Srushのように1つの画面でワンクリックで会議を設定できるのは、効率化において大きなメリットになるでしょう。

物理的な距離やオンライン商談の独特の「煩わしさ」などを顧客と営業自身が感じることがなければ、従来よりももっと顧客との距離を縮められ、ご近所さん感覚で付き合える関係を構築できるかもしれません。Srushは、そのような新しい営業スタイルの現場の定着を「営業担当者が利益を実感できる」機能によって支援します。

セールスエンゲージメントツールSrush